インプラントローン|銀行の低金利フリーローンカード

インプラントの分割払いは低金利ローンがおすすめ

インプラントローンって何?

インプラントローンとは、デンタルローンの一種で、歯科治療に限定されて利用されるローンの一種です。インプラントは自分の歯と同じような感覚で噛める喜びを再び手にすることができる補綴治療です。人工歯根を顎骨の中に埋入させて、その上に義歯を被せる治療で、審美性も高く部分的な欠損歯から、全入れ歯の方まで、幅広く対応でき、自然な笑顔が取り戻せるというメリットもあって、注目されている歯科治療法です。

インプラント治療は矯正歯科治療のように治療費は全額自己負担になります。そのため、治療費が高額になりやすいというデメリットがあり、治療費用が気になり、治療に踏み出せないという人もいます。

インプラントローンを利用するメリット

歯医者で納得したインプラント治療を受けられるように、支払いを月額制という無理のない負担額で支払えるように提供されているのがインプラントローンです。インプラントローンを利用すると、月々の治療費用が一定になったりするため、支払い計画が立てやすくなるというメリットがあります。

インプラントローンは、ローンの利用目的が歯科治療費に限定された立替払制度で、申し込みをした後、信販会社が患者さんに代わって治療費を歯医者に立替払いします。その後、患者さんは信販会社とのローン契約に基づいて、治療費と手数料を合わせた額を分割で支払うという契約になります。

どんな人がインプラントローンを利用する?

このようなインプラントローンは、毎月無理のない計画で治療費を支払いたいという人や、お金が貯まるまで治療を待てないという理由のある人や、自費治療で治療を受けるのだからできるだけ治療に妥協をしたくないといった人などに選択されている支払方法です。

インプラント治療を受ける場合、費用は歯科医院ごとで異なりますが、インプラント1本あたりの治療費用の相場は、大体30~50万円くらいといわれています。そして、顎の骨量が少ないという人の場合、骨造成などの治療を受けることにもなり、それらの料金も加わります。

他の支払い方法と比べるとここが違う

高額な医療費の分割払いには、インプラントローンや多目的ローン、クレジットカードなどによる支払い方法等があります。インプラントローンは、高額になりがちな歯科治療費に対応できるように利用限度額が高く設定されており、一般的なクレジットカードよりも分割払手数料率が低いというメリットがあります。医療費控除による節税効果もでき、インプラント治療を検討している人に注目されている支払方法です。